スキャン専科

ここでは、法人向けスキャニングサービス業者、スキャン専科の特長について、導入事例を踏まえながら紹介していきます。

スキャン専科のスキャニングサービスの特徴

スキャン専科は、日本で初めて、全ページ目視による検品サービスを始めたスキャニング業者です。

サービス開始当初は医療関連の書類のスキャニングが多かったこともあり、スキャンの品質管理にこだわっている点が特徴。

スキャンの過程につきものの傾斜や歪みの補正、ノイズの除去などを、独自の画像処理システムや目視によって丁寧に修正します。

そのため、ホームページによると、スキャン専科の納品データにおけるデータ不良率は0.05%と非常に高品質。

大事な書類のスキャンを業者に任せたいが、データの品質が気になる、傾斜や歪みなどのない、きれいな状態で電子化したい、という場合におすすめです。

スキャニングサービス内容

・書類・紙文書の電子化
・本、書籍の電子化
・名刺の電子化
・amazonプリントオンデマンド向けPDF制作
・OCR処理によるテキストデータ化
・PDFしおり作成

スキャン専科の強み・選ぶメリット

  1. 全ページ目視検品による高品質保持
  2. 徹底したセキュリティ管理
    24時間体制の有人監視。また、スキャンしたPDFは一定期間後に削除。事務所勤務のスタッフとは秘密保持契約を締結しています。
  3. スキャン実績6000件以上

導入事例

導入先 医院
期間 ―
対象 セミナー資料や医療関連の論文など
採用内容
PDF形式、OCR対応にし、資料の見出しをファイル名に。ファイル名をエクセルでリスト化して情報へのアクセシビリティを高めた。
外国語の資料もあったが、OCRソフトの言語対応に注意してデータ化を行った。

導入先 出版社
期間 ―
電子化の内容 アマゾン向けプリントオンデマンド仕様のPDF制作・変換
効果
プリントオンデマンドにすることで書籍の在庫切れおよび在庫を抱えるといった状態を解消。
アマゾンが指定するプリントオンデマンドの細かい仕様に合わせるのは手間のいる作業だったが、スキャン専科に依頼することでその労力を削減した。

会社データ

会社名   雲紙舎合同会社
本社    東京都葛飾区亀有3丁目3番5号 ムーンハイツマリコ7-2F
設立    2013年7月
資本金   ―
事業内容 紙文書電子化事業
従業員数 ―
取得資格 ―